店長日記

血液サラサラ食材とは?!☆

こんにちは!

【メディミールいきいき☆にこにこ☆通信】です!

今回は管理栄養士の山本かおりが担当いたします。
どうぞよろしくお願い致します。

―――――☆―――――☆―――――☆―――――☆―――――☆―――――☆――――

暖かい日、寒い日がまだまだ繰り返される季節ですね。

風邪もひきやすい季節ですので、食事と睡眠を大切にしながら体調に気を付けていきましょう!

日中は暖かい日差しと春の風がとても気持ち良いですね。

畑では冬を超え育った栄養豊富な野菜もたくさん収穫できるのでとても楽しみな季節です。

これから旬を迎える野菜はたくさんありますが、今回は“玉ねぎ”についてお話していきたいと思います!

♪~~~~♪~~~~♪~~~~♪~~~~♪~~~~♪~~~~♪~~~~♪~~~~

玉ねぎは血液をサラサラにして高血圧や動脈硬化を予防する効果があるといわれています。

ポイントになる栄養素は“アリシン”と呼ばれるものです。

アリシンは血液凝固を遅らせ血栓を予防する効果が期待されます。


またアリシンは善玉コレステロールを増やし、悪玉コレステロールを減らす働きもあります。

アリシンの効果によって血液はサラサラになり、血管も健康になります!

また玉ねぎは血糖値やHbA1cの数値改善にも効果があります。

血糖値が気になる方にぜひ食べていただきたい食材の一つです。

食べすぎには注意が必要ですが、一日の目安としては玉ねぎ1/4個が適量とされています。

毎日継続して食べることがポイントですね。


玉ねぎは低カリウム食材のため腎臓に疾患がある人でも適量であれば摂取できる野菜です。

血液がサラサラになることで腎臓への負担も軽減されるので実は腎臓病の人にもおすすめの食材です。

♪~~~~♪~~~~♪~~~~♪~~~~♪~~~~♪~~~~♪~~~~♪~~~~

玉ねぎは4月~5月にかけて収穫されます。

この時期に収穫された玉ねぎは新玉ねぎとして店頭に並ぶ旬の食材です。

新玉ねぎは甘くてみずみずしいのが特徴ですね。

薄茶色い皮の玉ねぎは生で食べると辛いことも多いですが、新玉ねぎはぜひ生で食べてみてください◎


玉ねぎを切ると涙が出るのはアリシンが目や鼻の粘膜を刺激して起こる反応です。

アリシンは水にさらしたり、加熱したりすることに弱い成分です。

生で食べられる今の季節はぜひそのままサラダにして召し上がっていただきたいです☆

♪~~~~♪~~~~♪~~~~♪~~~~♪~~~~♪~~~~♪~~~~♪~~~~

私の地元は千葉県なのですが千葉県白子町というところで取れる新玉ねぎが好きで、毎年取れるのを楽しみにしています♪

皆さんの地域でもおいしい新玉ねぎが収穫されているかもしれませんね。

旬の野菜を食べて体の調子も整えていきましょう!

コメントする

名前

URL

コメント

ページトップへ